記憶庫

自分用のメモです。

今日のスクラップ

もともと人と人は、その場を同じくしているだけですでに共に生きており、かかわりあっている。ただ潜在化しているかかわりを揺りおこし一気に具体化する契機が、「声によってその人に触れる」という行動なのだ。

 竹内敏晴「『からだ』と『ことば』のレッスン」(講談社現代新書

「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)

「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)