記憶庫

自分用のメモです。

今日のスクラップ

轍を車輪ととりちがえようと、とりちがえまいと、ぼくたちの存在はいつもすでに車輪である。時の車を回して生きるしか、ぼくたちがこの世に存在する仕方などないからだ。

古東哲明「ハイデガー=存在神秘の哲学」(講談社現代新書

ハイデガー=存在神秘の哲学 (講談社現代新書)

ハイデガー=存在神秘の哲学 (講談社現代新書)